さらに,郊外地域における高齢者の生活空間が,とくに男性の場合に地域社
会との関係をあまり強くもたないことが仙田(1993)により明らかにされてい
る。
また,インナーシティにおける高齢者の生活空間については平(1992)や
廣松(Hiromatsu;1994)は東京都千代田区神田地区において地縁的関係を
維持していることを明らかにしている。

外国の都市の事例においては,森川(1982)はドイツのピーレフェルト市を
事例として,「都心付近には老人が多く,郊外には幼年人口が多いので,居住
者の年齢構成には同心円構造が推定されるが,トイトブルガーーヴァルト周辺
に高級住宅が分布し,再開発前の住工混合地区や市街地縁辺部の社会住宅には
低所得者や外国人労働者が居住するので,居住者の社会経済的地位がセクター
状をなして分布するとはいえない」(p.53)ことを明らかにし,住宅の種類と
高齢化との関係が密接であることを述べている。

地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。家 高く売る ←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。

大都市内部における高齢化については,地理学以外にも社会学などにおいて
盛んに研究されているが,これらの研究のなかでハウジングとの関連からアプ
ローチした秋山編(1993)は高齢者の住宅問題と行政の住宅政策に関連した研
究を行い,高齢者の住宅問題は経済的弱者としての住宅取得難と低水準の居住
状態であることを指摘した。

また八代・鈴木(1995)は経済学の立場から東京
の都心部に近い区部に高齢者の比率が高いことと,これらの高齢者のいる世帯
が一戸建て住宅に住む比率の高いことを指摘したが,この原因として,古くか
ら都心部に居住する高齢者が過去の地価が現在よりもはるかに低水準にあった
時期に住宅を購入したためであると述べている。

EA018_L